元彼と復縁やよりを戻す冷却期間


元彼と復縁やよりを戻す冷却期間元彼氏や元彼女との復縁や復活愛における冷却期間とは、復縁期間中に、相手と連絡を取らない期間を一定時期置くことを指します。
復縁マニュアルやガイドブックにもよく出てくる言葉で復縁の王道の方法やコツでもある。自分との戦いに勝つことで復縁を勝ち取れるケースはとても多いですね。

では、一般的な元カレとの復縁における冷却期間はどのくらい必要なのでしょうか?別れたケースにもよりますし様々です。元彼との復縁における冷却期間を知りたい方は必見です。

(1)些細なケンカで彼と別れた場合:約1か月
彼氏とのケンカの勢いで別れたみたいになってしまった場合。“ごめんね”と言えば、すぐ復縁できるとくらいの程度であれば一般的に1か月もすれば頭が冷えるので十分だと思います。ケンカの勢いで別れ話をしてしまったのならば、お互いの頭が冷えるまで待てばOKであり、約1か月くらい見ておくとお互い冷静になれますね。

(2)あなたがフって彼と別れた場合:すぐにでも連絡を
あなたがフった場合、すぐにでも“ごめんなさい、私が悪かった。やっぱり別れるのはイヤ!”って正直に真っすぐに話せば、すぐに復縁可能です。男性の方はフラれただけですので。

ここで気を付けないといけない復縁のポイントは
・あまり時間を空けてしまうと、男性のほうも「しょうがない、次に行こう」と気持ちを切り替えてしまう可能性があります。
・素直に真っすぐに謝罪をして気持ちを伝えること。この場合の元彼との復縁は男性のプライドを傷つけたのであなたによる相当の修復が必要です。

(3)あなたが彼にフラれて別れた場合:3か月~6か月以上
男性が振った女性が再度アプローチする場合、男性側は一般的に最低でも3か月~6か月以上は空けてほしいという方が非常に多いようです。それくらいの期間の冷却期間があれば男性側の頭の中も落ち着きますし、彼女のいいところも冷静に認められるようになることが多いようです。

期間を守れず、自分中心な行動や態度を取ってしまうと復縁の可能性は比例して低くなってしまいます。元彼との復縁やよりを戻すことを成功させるには、連絡を断ちしっかり冷却期間を置きましょう。

※世の男性が冷却期間中に元カノから連絡がきたら、どう思う?との質問には
1位:ちょっとウザい
2位:無視する
3位:複雑な気分になる

世の中には恋愛の数は男女の数に比例して存在しますので、恋人と復縁しゴールインしたカップルは当然星の数ほどあります。これらの情報が、世の大好きな彼との復縁、よりを戻す参考になればと思います。ぜひ頑張って復縁してみてくださいね。